最近では、格安SIMの登場により、
キャリア契約とIP電話の併用よりも、
格安SIMと扱うMVNOへの乗り換えの方が節約効果が高いです。

 

ということで、おすすめの格安SIMをご紹介していきます。

 

DMM mobileの特徴

DMM mobileは、業界最安値を掲げるだけあって、

他社の料金プランに徹底対抗しています。

月額 630円(データSIM1GBプランの料金)
評価 評価5
備考 月額費用最安値なら、DMM!
DMM mobileの総評

他社が値下げすれば、DMMも値下げするという強気なスタンス。

とにかく月額を安くしたい方には、オススメのMVNOです。
いままでの値下げの回数から考えると、今後も値下げが期待できるMVNOです。

 

U-mobileの特徴

U-mobileは、格安SIMの中でもほとんどない、LTE(150Mbps)使い放題プランのあるMVNO。

月間通信量の多い方に、とても人気の高いMVNOとなっています。
1GBプランの料金を比較すると、若干DMMよりは高いです。

月額 790円(データSIM1GBプランの料金)
評価 評価5
備考 通話SIMなら、毎月U-NEXTで使える600ポイントがもらえる!
U-mobileの総評

データ専用のLTE使い放題プランで2,480円。

080/090番号付きのLTE使い放題プランで2,730円。
LTE使い放題ということで、安さが際立っているのが、このU-mobile。
1GBや3GBプランであれば、DMMmobileの方が安いです。

 

楽天モバイルの特徴

楽天ユーザーには、メリット盛りだくさんの楽天モバイル。

また価格もDMM mobile並に安い水準なので、
料金面で十分オススメのMVNO。

月額 900円(データSIM3.1GBプランの料金)
評価 評価5
備考 契約期間中、ずっと楽天市場の獲得ポイント2倍
楽天モバイルの総評

契約期間中は、楽天市場での買い物ポイントが2倍になるという、強烈な特典付きです。

3GBプランで比較したときに、DMM mobileとの差額が月額50円ですので、
楽天ユーザーなら、月々のポイントバックを考えると、こっちのほうがお得かもしれません。